ドコモ(docomo)の「ケータイ補償サービス」を使ってiPhone7を新しくしてみた!

「ケータイ補償サービス」とは!?

携帯電話のキャリアはずっとドコモ(docomo)にしている私ですが、2020年6月で使用期間が約3年半になるiPhone7の調子がすごく悪くなってきました。
稼働も遅いし、本体もすぐに熱くなるし、ちょこちょこ動作不良も。いきなり電源がきれたりも・・・(;^_^A

そこで、前回端末更新時に、契約していた「ケータイ補償サービス」を初めて使用してみることにしました。毎月加入費を支払っているのに使わないともったいないし・・・。

「ケータイ補償サービス」加入の有無の確認方法

念のため、このサービスに加入していることを確認!
加入の有無は次のページで確認できました。

「ケータイ補償サービス」加入の有無の確認方法

「My docomo」「契約内容・手続き」「ご契約内容の確認・変更」
・「ご契約内容の確認・変更」のページに進むと、ドコモサービスパックという項目があり、その中に「あんしんパックモバイルの構成サービス」という欄があります。
・その欄内に「ケータイ補償サービス」について記載されている箇所があるので、そこに「契約中」と記載があれば加入しています。

加入していることが確認できたので、「ケータイ補償サービス」の内容について改めて確認します。

「ケータイ補償サービス」の内容

「ケータイ補償サービス」とは、次のような補償を受けられるものです。

1 月額料金
330円~1,000円(※端末により異なる)(2019年6月1日以降(※))

(※)2019年6月1日、サービスの内容が一部変更
変更内容は、主に以下の2点
・料金体系
・一部の地区のみ、交換電話機が届くまでの時間をさらに短縮できるサービス

2 補償サービスの種類
補償サービスは次の3つがあります。

①トラブルに遭った時に交換電話機を提供
・事前の加入で、水濡れや破損に加え、紛失などのトラブルを補償
・補償のお申込み当日~2日以内に交換電話機を直接お届け

【補償範囲】
水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・ご購入から1年を超えた自然故障

【サービス利用料金】
新しい端末に交換してもらえるサービスの利用は、(iPhone7の場合)1回11,000円(税抜)で、1年間に2回まで利用可能

※私は2017年1月頃に機種変更とともに、このサービスに加入していたので、加入しているサービスは「ケータイ補償サービス for iPhone&iPad(2019ね5月31日までのお申込み)」です。
(この記事は、私が加入しているサービス内容に基づいて記載しています。)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: service-type.png

データ復旧時の代金を割引
・iPhoneにおいては故障してしまった機種を、ドコモで修理(iPhone・iPadリペアコーナーを除く)する場合の修理代金をサポート

故障時の修理代金を一部サポート
・水濡れや破損などで、データが取り出せなくなってしまった機種から、電話帳などのデータを復旧する「ケータイデータ復旧サービス」の復旧代金の割引

サービスの詳細等は以下の公式ページに記載されています。

以下、私が実際に提供を受けた「トラブルに遭った時に交換電話機を提供」のサービスに関する内容を記載しています。

補償範囲に含まれるかの確認

このサービスの補償範囲は、
「水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・ご購入から1年を超えた自然故障」
です。

特に注意したいのは、次の場合などは補償の対象外ということです。
・端末の消耗、変質、変色等による損害(電池パックまたはバッテリーの消耗を含む)
・端末の傷、汚れ、塗装の剥離等の外見上の損害で端末の機能に影響が生じていない

なので、単なる外観の傷やバッテリーの最大容量減っているだけの理由では、補償対象外ということになります。

「ケータイ補償サービス」を使用して新端末を使用するまでの流れ

補償サービスの申し込み

申込方法には、以下の3つの方法があります。

  1. オンライン(My docomo)で申込み【おすすめ】
    ネット上で24時間手続き可能だし、サービス利用料金が10%オフになります。
  2. ドコモショップで申込み
    ドコモショップの店頭で、直接補償の手続きが可能
  3. 電話で申込み(ケータイ補償サービスセンター)
    ・ドコモの携帯電話からの場合((局番なし)15711)
    ・ドコモの携帯電話以外からの場合(0120-210-360)
    ・受付時間:午前9時~午後8時

どの方法においても、ドコモの担当の方にトラブルの内容を伝えて、補償を受けられるか確認してもらいます。
問題がなければ申込みが受理され、すぐに新しい端末が発送されます。
(私は、オンラインで22時頃に申し込み、翌日の午後に新しい端末が届きました。)

オンラインでの申し込みの場合、以下の画像のように、流れに沿ってトラブルの内容などを入力していくと5分程度で申し込みは終わります。

上の画像のように、交換電話機(新しい端末)の機種等が表示されます。
基本的には、所有している端末と全く同じ端末が送付されますが、該当機種の在庫がないなどの理由により同じ端末が用意できない場合は、色違いや上位機種と交換になる場合もあるみたいです。

私は、iPhone7(128G・ゴールド)を所有していましたが、交換機も全く同じものでした。(iPhone8にならないかなと淡い期待を抱いていましたが、ダメでした(>_<))
〔2020年6月時点〕

上の画像のように、オンラインで申し込むと利用料金が10%オフになります☆

上の画像が表示されれば、申込手続きは完了です!

サービス申込みは時間に余裕があるときに!

このサービス利用にあたり、補償受付日より10日以内に旧端末をドコモに返送しないと違約金が生じる場合があります。

さらに、データの移行には、数時間かかる場合があります。
旧端末でiCloudなどにデータをバックアップしたり、新端末にバックアップデータをダウンロードするのに時間を要します。

ですので、不慣れな方など、時間に余裕をもって作業を行いたい場合は、時間を確保できるタイミングを見計らって申し込みしましょう。

【参考】違約金の額について

〇ケータイ補償 お届けサービス
・40,000円(税抜)

〇ケータイ補償サービス(2019年5月31日までの利用申込)
・月額料金380円:60,000円(税抜)
・月額料金500円:60,000円(税抜)
・月額料金330円:40,000円(税抜)

〇ケータイ補償サービス(2019年6月1日からの利用申込)
・月額料金330円:40,000円(税抜)
・月額料金500円:60,000円(税抜)
・月額料金750円:80,000円(税抜)
・月額料金1,000円:120,000円(税抜)

〇ケータイ補償サービス for iPhone & iPad
・80,000円(税抜)

データの移行を行う前の事前準備

申込みが完了すると数日で新しい端末が届きます。

届いたら、次の内容について、旧端末で事前準備を行いましょう☆

AppleID等の確認

端末のデータ引継ぎの際などで、複数回AppleIDとそのパスワードを入力する必要があるので、確実に把握しておきましょう!

【確認場所】(iPhone)
「設定」→「AppleID(所有者氏名が表示されている一番上の欄)」→「名前、電話番号、メール」

旧iPhoneデータのバックアップ

バックアップの方法には、次の3つの方法があります。

①iCloudでバックアップする方法
iCloudを使用してデータを移行する方法

②iTunesでバックアップする方法
PCとiPhoneをケーブルで接続して、iTunesを使用してデータを移行する方法

③ドコモデータコピー
新旧両方の端末に「ドコモデータコピー」アプリをインストールして、このアプリでデータを移行する方法

私は、iCloudを使用してバックアップしました。

iCloudでバックアップする方法は、ケーブルも要らないし、専用アプリをインストールする必要もないですが、バックアップデータが5G(初期設定)を超える場合は、バックアップデータの容量を減らすかiCloudのストレージプランを変更する必要があります。

iCloudのストレージプラン変更方法

「設定」→「AppleID(所有者氏名が表示されている一番上の欄)」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」→(希望のプランを選択)

【参考】プラン一覧
・50GB → 月額130円
・200GB → 月額400円
・2TB → 月額1,300円


私は、バックアップデータが、写真などのデータを含めて30GB程あったので、ストレージプランを50GBに変更してバックアップを行いました。
有料のストレージプランを継続したくない場合は、データ移行完了後に、有料プランを解約(ダウングレード)するのもありだと思います(※)。
((※)iCloudの全てのデータを、新iPhoneか別のハードに保存してから行いましょう。)

WalletとApplePayデータの削除

ApplePayに登録ができ、多くの場所で使用できる便利な「Suica」ですが、移行に際し以下の注意点があります。

「Suica」の注意点
・Suicaは複数端末で使用不可
・新旧端末で同じAppleIDでサインインしないと、情報の移行不可

そのため、Walletに「Suicaカード」などを登録している場合は、必ず登録を削除しておきましょう。

【削除方法】
(iPhoneから)「設定」→「WalletとApplePay」→「Suicaカード(表示される名称は登録時に設定したもの)」→「(情報タブを選択し、一番下にある)このカードを削除う」をタップ

(参考1)移行時にSuicaID番号・passは不要
※iPhoneの初期設定画面を進んて行くと登録画面が表示されるので、表示に従って進んでいくと自動的に移行(設定)される

(参考2)クレジットカードの登録削除は不要
クレジットカードの登録内容を削除しなくてもデータの移行には問題はない。
(新端末で再登録するだけで良いのですが、念のため、私は削除しました。)

LINEの引継設定

1 アカウント情報を確認
電話番号・メールアドレス・パスワードが最新の情報になっているかを確認
【アクセス方法】
「友だちリスト」→「設定」→「アカウント」

2 「アカウントを引き継ぐ」をONに
設定をONにしてから36時間の間、アカウントを引き継げるようになります。
【アクセス方法】
「友だちリスト」→「設定」→「アカウント引き継ぎ」

3 トークのバックアップを最新に更新
トーク履歴を残したい場合は、最新のトークのバックアップをiCloudに保存します。
【アクセス方法】
「友だちリスト」→「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」

各アプリの引継ぎ設定

私がダウンロードしているアプリの中で、移行時に念のため確認したものについて記載しています。

・オンラインゲーム(ドラクエウォーク)
ドラクエウォークでは、旧端末にて「データ引き継ぎ」から「スクエア エニクス アカウント」を登録し、新端末でそのアカウントを使用してログインすればOKです!

・オンライン(クラウド型)の手帳(カレンダー・スケジュール帳)
「LifeBear」というクラウド型のスケジュール帳を使用していますが、このアプリについても事前にアカウントを登録し、新端末にてそのアカウントでログイン等を行えばOKです☆

・セキュリティソフト
「ウイルスバスターモバイル(月額版)」を使用していますが、特に何もしなくても自動的に移行され、有効化されていました。

nanoUIMカードの入れ替え

旧端末からnanoUIMカードを抜きだし、新端末へそのカードを挿入します。

新iPhoneの利用開始設定(アクティベーション)

・wi-fi設定(普段使っているwi-fiのパスワードを確認しておきましょう)

・TouchID、パスコードの設定

引き続き、自動的に「データの復元」(Appとデータ)の画面に移行します。

データの復元(新iPhone)

・Appとデータの復元(iCloudから)
※①AppleID・pass、②AppleID確認コード6桁(旧iPhoneで受信したもの)の入力が求められます。

・ApplePay、Siriの設定
※後で設定することも可能

・ソフトウェアアップデート(iosの更新)
※iPhoneのパスコード(起動時に入力するもの)

更新が終わると再起動されるので、再度パスコードを入力し、起動すると旧iphoneで使用していたアプリなどが全て新iPhoneに移行し表示されます。
※全てのアプリが、旧iPhoneで配置していた場所に表示されます。

起動初期は、ほとんどのアプリが「待機中」と表示され、すぐには使用できませんが、全て自動的にダウンロードなどが実行され、概ね30分~1時間程度で完了します。
(使用アプリの数などにより完了時間は異なります。)

追加で設定したもの

・メールアプリでのドコモメール利用設定
Mydocomoにログイン→「設定(メール等)」→「iPhoneドコモメール利用設定」→(ここでwi-fiをoffにする)→「ドコモメール利用設定サイト」→(設定対象のメールアドレスが表示)→(「次へ」に進むと自動的にプロファイルがダウンロードされる)→「(iPhoneの)設定」→「プロファイルがダウンロードされました」→「インストール」→(パスコードを入力)

・「WalletとApplePay」で支払い用のクレジットカードを登録
旧iPhoneで登録していたクレジットカードを再登録しました。
【登録場所】「設定」→「WalletとApplePay」→「カードを追加」

・docomo系列のアプリの整理
データの移行が全て完了するとdocomo系列のアプリが30個程度自動的にダウンロードされているので、フォルダを作成したり、削除するなどによりアプリを整理しました。

「ケータイ補償サービス」における旧端末の初期化・返送の方法

旧iPhoneの初期化

旧端末を返送する前に、初期化する必要があります。
初期化するための手順は以下の2つです。

①「iPhoneを探す」をオフ

(旧iPhoneで)「設定」→「AppleID(所有者氏名が表示されている一番上の欄)」→「探す」→「iPhoneを探す」をタップしてオフにする

②「iPhoneを消去」を実行

(旧iPhoneで)「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「今すぐ消去」→(パスコードを入力)→(「iPhoneを消去」をタップ(2回))→再起動した後に、「こんにちは(Hello)」が表示されれば初期化完了

旧iPhoneの返送

返送する前に次の3点を再確認します。

①旧端末を初期化できているか
②旧端末に「ドコモnanoUIMカード(SIMカード)が差し込まれたままになっていないか
③旧端末の電源が切れているか

確認後、新iPhoneが送付された箱に同梱されている専用の返送用封筒を使用して返送します。
※補償受付日より10日以内に返送しないと違約金が発生する場合があるため注意しましょう

返送が完了すれば、全ての作業は終了です☆

タイトルとURLをコピーしました